パンフレとをネットで! 発注の注意事項

パンフレットを印刷してみよう

ビジネスにおいて印刷されたパンフレットは製品や企業に対する信用度の度合いとしてまだまだ高い位置を占めています。インターネットがビジネスに浸透しているといっても、さらに「紙のカタログ」などを要求する顧客は大勢います。たしかにインターネットに接続できない環境では印刷されたパンフレット、リーフレット、カタログなどは購入を考えている客、つまり見込客にとっては熟読できる媒体であることは間違いないからです。

 

そのようなパンフレットを激安で印刷する方法が最近はいろいろあります。それこそ1冊当たりの単価を下げるには大量部数を印刷会社に発注する必要がありましたが、現在はオンデマンド印刷が普及しつつ有り、専門の印刷会社だけではなく、オフィスコンビニと言われているところでも引き受けてくれるところが多数あります。その中にはもちろんパンフレットの作成なども含まれており、必要な部数を必要なときに入手することができるようになり、保管コストを下げることができるようになりました。

 

激安でパンフレットなどを作成、印刷する方法はパンフレットの原稿を企業内で内製することです。オフィス内の業務はパソコンを使用し、インターネットに接続していることが前提で現在行われているはずです。そこで文書作成ソフトや描画ソフト、写真加工ソフトなどを使用して自分たちで作成することです。大多数のオフィスにはカラープリンターがある現在、パンフレットの仕上がり見本をオフィス内で作成し、原稿をデータ化、印刷、加工ができる業者にデータを持込むだけです。

 

仕上がり具合を確認したい場合は見本を作成してくれるところ、カラーの場合は色確認などがオプションで選ぶことができる業者を選ぶだけです。あとは用紙とページ数、カラーか白黒かで金額は変わってきます。

 

前ページフルカラーのではコストに見合わないと思っている場合、共通する部分をパンフレットとして作成、製品や商品紹介はリーフレット形式にするなどの工夫をすることでコストダウンができるようになります。